iPhone 14 Pro カメラ比較レビュー:iPhone 13 Pro との違いは?

iPhone 14 シリーズは 9 月 16 日に予約注文した方が iPhone 14 を受け取ることができます。今回は手にしたのは iPhone 14 Pro 「シルバー」となります。「Dynamic Island 」という新機能を追加したほか、一番気になるのはアップグレードしたカメラシステムの表現はどうなるでしょう。

早速 iPhone 14 Pro と iPhone 13 Pro のカメラ性能について比較してみました。この記事は、最新の iPhone 14 Pro と iPhone 13 Pro のカメラ比較レビューとして、iPhone 13 Pro との違いを併せて紹介していきます。

更に面白いコンテンツを観たい人は、Instagram @applealmondjp をフォローしてください!

iPhone 14 Pro カメラシステムのスペック

iPhone 14 Pro カメラシステムのスペックについて、簡単に説明しましょう。

広角 超広角 望遠
  • 4800 万画素
  • 24mm
  • f/1.78
  • 1200 万画素
  • 13mm
  • f/2.2
  • 1200 万画素
  • 77mm
  • f/2.8

iPhone 14 Pro の広角レンズで 4800 万画素の画像を撮影することが可能ですが、一般的には、設定せずに iPhone 14 Pro で撮影した画像は 1200 万画素となります。

あとは、iPhone 14 Pro に Apple 最新の技術「Photonic Engine」を搭載することで、「Deep Fusion」を利用して、画像の品質向上させることによってディテールを保つながらクォリティの高い写真を撮影可能です。

iPhone 14 Pro 夜撮影の表現について:4800 万画素はすごい

iPhone 14 Pro のメインカメラは 4800 万画素になり、iPhone 13 Pro の 1200 万画素よりかなりのアップグレードでしょう。iPhone 14 Pro 夜撮影について、低照明の場所で撮影してみると、「ハイライト」を抑えながら、ディテールをキープしています。

パッと見したら違いがわからないかもしれませんが、ズームすると iPhone 14 Pro で撮影した画像が iPhone 13 Pro よりシャープで文字や物の輪郭がきれいです。

iPhone 14 Pro で撮影した画像は少し暗い気がしますが、数字のところと文字のところのディテールが遥かに違います。iPhone 14 Pro の「Photonic Engine」を利用してクオリティをキープしながらハイライトを抑えていますので全体的に暗く見えます。

「ProRAW」で撮影した画像は暗くても LightRoom や PhotoShop で編集する時に露出を上げても画像の品質を保つことができるのは「ProRAW」のメリットです。

iPhone 14 Pro と iPhone 13 Pro で撮影した画像の違いがわかりますか?

もう一枚の画像を見ていきましょう。

iPhone 14 Pro と iPhone 13 Pro ポートレート:人を撮影する表現

ポートレートモードで撮影するのではなくて、同じくメインカメラで撮影の比較をしていました。人を撮影するとどうなるのか気になる人も沢山いると思います。

iPhone 13 Pro ですでに人を綺麗に撮影できますが、iPhone 14 Pro で人を撮影する、「さすが 4,800万画素!」と思いました。人の顔のディテールは一眼レフ並みのクオリティでした。

iPhone 13 Pro も綺麗に撮れますが、ディテールの差が感じてしまいます。

iPhone 14 Pro と iPhone 13 Pro 人を撮影する違いを見てみましょう。

4800 万画素のおかげてわざとシャープせずに自然なボケ感のある画像を撮ることができます。

このクオリティだとプロ級の写真家やクリエイターは iPhone 14 Pro 一台で仕事ができるのではないかと思いました。

iPhone 14 Pro で撮影する注意点

今回のレビューに関しては、iPhone 14 Pro と iPhone 13 Pro のメインカメラで撮影した画像の比較となります。なぜかというと、超広角や望遠カメラやナイトモードで撮影すると 1,200 万画素になってしまいます。

iPhone 14 Pro の 4,800万画素で撮影したい場合は、いくつかの注意点があります。

Apple の「ProRAW」で撮影必要

Apple の「ProRAW」で撮影しないと 1,200万画素になりますので、iPhone 14 Pro の「設定」>「カメラ」>「フォーマット」へ選択して「ProRAW」をオンにして「48MP」を選択します。

メインカメラで撮影すること

超広角や望遠カメラまたはマクロモードで撮影した写真は 1200 万画素になりますので、4800 万画素で撮影したい場合は必ずメインカメラ(1x)で撮影しましょう。

容量要注意

「ProRAW」で撮影した画像の容量は非常に大きいですので、一枚の写真約 60MB〜80MB となりますので、「ProRAW」で撮影したい人は iPhone 14 Pro を買う前にできれば大きいストレージ容量を選ぶといいでしょう。

iPhone 14 シリーズおすすめ容量:買う前に 7 つのポイントをチェック

iPhone 14 Pro カメラレビューまとめ

iPhone 14 Pro カメラレビューについては以上でした。iPhone 14 Pro が「アストロモード」に対応することが期待していましたが、結局発表しませんでした。

iPhone で日常生活で気軽に撮影したり、SNS に載せたりするぐらいなら 4800 万画素でなくても良いでしょう。

画像をズームしないと iPhone 14 Pro と iPhone 13 Pro の違いがわからないと思いますので、画像のディテールを重視する人は間違いなく iPhone 14 Pro を選ぶでしょう。

併せて読みたい記事》

iPhone 14 プロセッサー A15 と A16 違いの比較:そんなに変わらないかも?

iPhone 14 Pro「Dynamic Island」機能とは?使い方と操作を紹介

iPhone 14 と iPhone 14 Pro 比較:4 モデルの違いは?

iPhone 14 Pro「Dynamic Island」ゲームできる!?「Dynamic Island」ゲーム初登場

iPhone 14 起動音の設定する方法:電源オン/電源オフの時に音が鳴る?

iPhoner 14 Pro の AOD「常にオン」機能を使ってみた感想:バッテリーの減りは意外!

iPhone 14 Pro「Dynamic Island」ダイナミックアイランド:対応アプリ、操作、できること

iPhone 14 シリーズ、Apple Watch Series 8、Apple Watch Ultra 衝突事故検出機能

iPhone 14 と iPhone 13 Pro を比較《選び方》:iPhone 14 を選ぶ理由は?

AirPods Pro 2(第 2 世代)のイヤーチップの互換性:初代の AirPods Pro にも装着可能?

iPhone 14 Pro 4800 万画素の設定する方法と使い方:iPhone 14 Pro カメラ知らない事情

iPhone 14 Pro Max のディスプレイは予想以上に良い?