iPhone 14 プロセッサー A15 と A16 違いの比較:そんなに変わらないかも?

Apple が最新の iPhone 14 シリーズを発表し、iPhone 14 Pro と iPhone 14 Pro Max に「A16」プロセッサーを搭載し、iPhone 14 と iPhone 14 Plus にはアップグレードした「A15」プロセッサーを搭載しました。

しかし、A15 チップと A16 チップのコアテストの結果はそんなに変わっていないということが明らかにしました。

一体、A15 と A16 プロセッサーの違いは何でしょうか?そんなに変わらないのか?という疑問がある人はたくさんいると思います。

この記事は、iPhone 14 シリーズのプロセッサー「A15」チップと「A16」チップ違いの比較を解説します。

更に面白いコンテンツを観たい人は、Instagram @applealmondjp をフォローしてください!

A16 チップか A15 チップの性能は十分

A16 は A15 のアップグレードしたプロセッサーとなっていますが、実はどちらを使っても性能のいい操作体験ができます。A16 は最新のチップからといって、使用してもそんなに差が感じないと思います。

といっても、A15 と A16 チップの違いを比較してみましたので、参考になればと思います。

A16 チップと A15 チップの違いを比較

A16 Bionic A15 Bionic
供給元 TSMC TSMC
技術 4nm 5nm
CPU 6 コア 6 コア
GPU  5 コア 5 コア
Neural Engine 16 コア 16 コア
トランジスタ数 160 億 150 億
計算数/秒 17 兆回 15.8 兆回

A15 と A16 はほんの僅かな差

どうしても差があるというのならば、トランジスタ数と計算の回数が違うということでしょう。

A16 のトランジスタ数は 160 億個と A15 のトランジスタ数 150 億個で、10 億個増加しました。

しかし、10 億個を増加しても使用体験にそんなに影響に与えないでしょう。

メモリもアップグレード

A16 を搭載した iPhone 14 Pro と iPhone 14 Pro Max は 6GB の RAM のスペックですが、A15 チップを搭載しているiPhone 14 と iPhone 14 Plus のメモリは iPhone 13 Pro と iPhone 13 Pro Max と同じです。

Apple:A16 の方が良い

Geekbench のコアテストの結果も A15 と A16 の差があんまりないことがわかりました。トランジスタ数と計算回数のアップグレードは一般のユーザーが感じないはずです。

しかし、A16 を搭載している iPhone 14 Pro と iPhone 14 Pro Max のバッテリー駆動時間やプロセスの速度に関しては、A15 チップよりパフォーマンスが良いので、Apple が A16 の方が良いと述べています。

併せて読みたい記事》

iPhone 14 シリーズおすすめ容量:買う前に 7 つのポイントをチェック

iPhone 14 Pro「Dynamic Island」機能とは?使い方と操作を紹介

iPhone 14 と iPhone 14 Pro 比較:4 モデルの違いは?

iPhone 14 Pro と iPhone 13 Pro ベンチマークスコア比較:そんなに差がなさそう!

iPhone 14 シリーズまとめ:予約注文日、発売日、新機能、価格、スペック

AirPods Pro 2 と AirPods Pro 初代の比較:変えた方がいい?

iPhone 14 Pro カメラ比較レビュー:iPhone 13 Pro との違いは?

iPhone 14 Pro「Dynamic Island」ダイナミックアイランド:対応アプリ、操作、できること