iPhone 14 Pro 4800 万画素の設定する方法と使い方:iPhone 14 Pro カメラ知らない事情

iPhone 14 Pro と iPhone 14 Pro Max は「Dynamic Island」を搭載したほか、最新のカメラシステムのメインカメラは 4,800 万画素までアップグレードしました。今までの iPhone は(iPhone 13 シリーズも含めて)1,200 万画素でしたが、かなりのアップグレードでしょう。

iPhone 14 Pro カメラ比較レビュー:iPhone 13 Pro との違いは?
iPhone 14 Pro と iPhone 13 Pro 違い比較:どっちを選ぶ?

しかし、iPhone 14 Pro や iPhone 14 Pro Max に機種変更して、内蔵カメラで画像を撮ってたのに写真の情報を見ると「1,200 万画素」になっているのはなぜでしょうか。

この記事は、iPhone 14 Pro 及び iPhone 14 Pro Max のカメラで 4800 万画素で撮影したい場合は、使い方と設定する方法を解説していきます。

更に面白いコンテンツを観たい人は、Instagram @applealmondjp をフォローしてください!

iPhone 14 Pro 4,800 万画素で撮影する方法

iPhone 14 Pro は設定せずに内蔵カメラを起動して撮影しても 1,200 万画素の画像になります。4,800 万画素で撮影したいのであれば、幾つかの注意点と設定する必要があります。

iPhone 14 Pro の「設定」アプリを開いて「カメラ」を選択します。そして、「フォーマット」をタップします。

そして「Apple ProRAW」をオンにし、「ProRAW 解像度」を「48MP」を選択します。

これで、iPhone 14 Pro の 4,800 万画素基本設定が完了しました。

4,800 万画素の画像を撮影する方法

iPhone 14 Pro のカメラシステムは超広角レンズ、広角レンズ、望遠レンズがあります。4800 万画素の画像を撮りたければ、メインレンズの「広角」レンズで撮っていきましょう。

シャッターボタンを押す前に、「ProRAW」をオンにしているかどうかを確認しましょう。「ProRAW」で撮影しないと 1,200 万画素でしか撮影できませんので注意しておきましょう。

iPhone 14 Pro は広角レンズだけ 4,800 万画素

超広角レンズ(0.5X)や望遠レンズ(2X、3X)を使って「ProRAW」で撮影しても 1,200 万画素になりますので、広角レンズだけ 4,800 万画素となります。

メインレンズの広角レンズ(1X)を使って「ProRAW」で撮影してる場合は、「ナイトモード」や「マクロ撮影」に切り替えなように気を付けましょう。

「ナイトモード」や「マクロ撮影」で撮影すると、メインレンズの広角レンズ(1X)を使っても 1,200 万画素でしか撮影できません。

「ProRAW」で撮影すること忘れず

毎回に「ProRAW」をオンにして撮影するの忘れる人はたくさんいると思いますので、iPhone カメラの設定を保持することができますので、設定していきましょう。

iPhone「設定」>「カメラ」>「設定を保持」へ選択して、「Apple ProRAW」をオンにします。

これで、一回「ProRAW」をオン・オフにして、カメラを終了して再び起動したら「ProRAW」のオン・オフの設定を保持します。

併せて読みたい記事》

iPhone 14 Pro のカメラがぼやけてしまう?このモードに切り替えたから!

iPhone 14 Pro「Dynamic Island」ダイナミックアイランド:対応アプリ、操作、できること

iPhone 14 と iPhone 13 Pro を比較《選び方》:iPhone 14 を選ぶ理由は?

iPhone 14 おすすめ便利な機能「シェイクで取り消し」の設定と使い方

iPhone 14 Pro Dynamic Island ダイナミックアイランド「ライブアクティビティ」の表示方法

iPhone 14 Pro Max のディスプレイは予想以上に良い?

iOS 16.1 初代 AirPods Pro「適応型環境音除去」にも対応できる?

iPhone 14 Pro Dynamic Island かわいい壁紙「クレヨンしんちゃん」をダウンロード

A16 Bionic ベンチマークの比較:「A16」のレベルではない、「A15+」と名づけるべき?

iPhone 14 Pro 2 倍ズームは実にすごい:iPhone 14 Pro に変える理由になる

2022 年 Apple 買わない方が良い製品まとめ:買ったら後悔するかも