AirPods を無くしたら「探す」アプリを使おう!AirPods 探す方法を解説

iPhone を紛失してしまった時は「探す」アプリを使って探すことができます。Apple のイヤホン「AirPods」の本体が小さくて紛失してしまう可能性が高く、万が一「AirPods」が無くしたらどうしたらいいでしょうか。

この記事は、AirPods を無くしたら AirPods を探す方法を解説しますので、AirPods を無くしてしまった人は、下の手順に従って慌てずに AirPods を探しましょう。

更に面白いコンテンツを観たい人は、Instagram @applealmondjp をフォローしてください!

AirPods を買ってからまずやっておきたい設定:「探す」アプリ

AirPods を無くした後に本体を探すには、いくつかの設定を行う必要があります。

新しく買った AirPods を iPhone に接続したら、「探す」アプリに出てくるはずです。必ず「探す」機能をオンにしておきましょう。そうしないと、AirPods を無くしてしまった場合、「探す」アプリを使っても見つからないですから。

AirPods を無くしてしまったと思ったら、まずはパンツのポケット、車の中、カバンの中にあるポケットに探して見ましょう。

もし身元に探してもないのなら、iPhone の「探す」アプリを開きましょう。そして、AirPods の位置情報が教えてくれます。

下の「デバイスを探す」をタップして、無くした AirPods をタップします。

AirPods が近くにあったら、サウンドを再生することで、音が鳴った方向に探せばより探しやすくなるでしょう。

もしサウンドを再生しても聞こえない場合は、「探す」をタップして、AirPods の信号を探そうとするので、近くに歩き回して探してみましょう

AirPods に接続したら、信号の強弱によって位置をヒントされます。

AirPods を見つけたら、「ここ」って通知され、下の画像のように表示されます。

「ここ」って表示されても見つからない時は、必ず近くでよく探してみましょう。もしかしてソファや机の下にあるかもしれませんので、地面に落としている可能性もあります。

Apple Support の動画をチェックしよう

AirPods を無くしたらどうすればいい?:まとめ

  • 新しく買った AirPods に「探す」機能を起動
  • AirPods を無くしたら「探す」アプリを利用
  • 無くした「AirPods」を選択して、「サウンドを再生」をタップ
  • 「探す」をタップして指示通りの方向に向いて探す

AirPods や Apple Watch など Apple 製品を紛失した場合は、慌てずに「探す」アプリを利用して、デバイスを探してみましょう。(必要な場合は、警察に通報するのも推奨します。)

併せて読みたい記事》

iPhone 文字サイズ(テイストサイズ)を大きくする方法:更に大きくできる?

2022 年今更だが iPhone 計算機(電卓)の裏技を紹介:関数の計算も簡単にできちゃう

2022 年最新版 iPhone カメラを使いこなそう:内蔵カメラの使い方と設定を徹底解説

iPhone AirDrop(エアードロップ)の名前を変更する:本名を他人に知られたくない!

インスタ(Instagram)ストーリー足跡付けないで閲覧バレない裏技:この機能を使う!