2022 年最新版 iPhone カメラを使いこなそう:内蔵カメラの使い方と設定を徹底解説

iPhone で写真を撮るの基本ですが、本当に iPhone カメラの使い方は知っていますか?シャッターを押してパシャっと写真を撮るの簡単ですが、iPhone カメラの設定を調整すればより綺麗な写真を撮ることができます。この記事は、iPhone カメラの設定と使い方を解説しますので、iPhone カメラを使いこなしましょう。

更に面白いコンテンツを観たい人は、Instagram @applealmondjp をフォローしてください!

iPhone カメラの設定と使い方 01 – 「16:9」

iPhone 内蔵カメラを開いて、写真のサイズは「4:3」を常に設定しています。サイズ変更しようとする「16:9」で撮りたい場合は、上の「⌃」アイコンをタップすれば、カメラのメニューが表示されます。そして、「4:3」をタップして、「16:9」に変更できます。

iPhone カメラの設定と使い方 02 – 「ポートレートモード」

iPhone8Plus から「ポートレート」という機能が搭載されました。iPhone カメラアプリを開いて、下の撮影モードから選択することができます。少し距離をおいて、f値を調整しながら、一眼レフみたいなボケ味のある写真を撮ることができます。これから出る新型 iPhone も同じやり方ではないかと思います。

iPhone カメラの設定と使い方 03 – 「パノラマ」

一つの画面に収まらない景色の前に、「パノラマ」モードですごい迫力の写真を撮ることができます。カメラアプリを開いて、下の撮影モードの一番右にあります(ポートレートの隣です)。「パノラマ」モードで写真を撮る際に、線に沿ってゆっくり連続的に動かしていきましょう。できるだけ手を揺れないように少し練習するといいでしょう。

iPhoneカメラの設定を保持方法

iPhone カメラの設定を保持するには、iPhone「設定」>「カメラ」へ選択してください。そして「設定を保持」をタップします。そこから保持したい設定を選択することができます。 設定を保持しないと毎回カメラアプリを開く時に設定がリセットしますので、特にナイトモードをオフのままにしたいユーザーには設定を保持したほうがいいでしょう。

iPhone カメラの前面カメラの左右反転機能

自撮りを撮ることがありますよね。前面カメラの左右反転機能というのは、フレームの中の自分と同じ方向となります。この機能を有効にするには、「設定」>「カメラ」へ選択し、「前面カメラを左右反転」をオンにしてください。

iPhone で写真を上達するには – グリッド線を出しましょう

構図は綺麗な写真を撮るには不可欠の要素の一つです。カメラのグリッド線を参考しながら構図していくのが写真撮影の一つのコツです。iPhone カメラのグリッド線は「設定」>「カメラ」へ選択すれば、「グリッド」をオンにすれば出てきます。

iPhone カメラの設定と使い方:まとめ

iPhone の撮影モードについて:

  • ポートレート
  • パノラマ
  • 写真
  • ビデオ
  • シネマティックモード(iPhone 13 以降の機種)
  • スロー
  • タイムラプス

iPhone 内蔵カメラはいかがでしたか。写真を綺麗に撮るには練習が必要なんですが、iPhone カメラの機能を知っておけばシーンによって上手く撮れるでしょう。

関連記事》

iPhone 13 Pro で台北 101 がかっこよく撮れる方法・iPhone 13 カメラ性能

iPhone 13 Pro 自動マクロ撮影をオフにする方法・マクロモード機能

iPhone 13 / 13 Pro でシネマティックで映画を撮ろう・使い方と編集する方法

iPhone ウォレットに身分証を追加できる:日本では学生証を追加可能